2006年04月

2006年04月26日

【社長Blog】これは壁じゃない・・扉なんだ

扉を開けよう

ある日、テレビを見ていてあるCMのナレーションが耳に飛び込んできた。

それは、「これは壁じゃない・・扉なんだ」っていうトヨタのCMのナレーションだ。





--CM 扉を開けよう ---------------------

幼いサッカー少年が、あこがれの中村俊介選手のようなプレーをしたくて懸命に練習をしている。

だけど思うようにいかない。

「僕になんか出来るわけない・・・」

ボールを持ってたたずんでしまう少年、中村俊介選手に近づこうなんて夢かもしれない・・・

それはまるで、目の前に立ちはだかる壮大な壁のように、けっして超えることの出来ない夢なのか?

「壁」の前で、どうしたらいいのかもわからずあきらめの気持ちを持ち始めた少年。

その時、あのあこがれの中村俊介が、後ろから少年の肩をそっと抱き閉まる。


「これは壁じゃない・・扉なんだ」

 超えられない壁なんてどこにも無いんだ、目の前にあるのは扉なんだ!

   そしてその扉はいつか必ず君自身が開くんだ!」


そう信じた少年は、自分の力を信じてボールを力強く蹴りこんだ、そして・・・


---------------------------------------------

良いCMだと思った、今の自分の気持ちと重なった。

ちょっぴり涙が出た。

2006年04月24日

【社長Blog】日本経済新聞の取材

本日(4/24日)午前中に日本経済新聞社のOさんから取材の依頼がありお受けした。

今回のテーマは「女性とものづくり」だった。

大阪製作所には「日本一の職人になりたい!」って言って町工場に飛び込んできた
今年20歳になる女の子・・・失礼、女性がいる。

彼女に取材の依頼があり私も同席した。

「素直で良い人材ですね」と新聞記者のOさんも取材後感想を言って頂いき、
ものづくりの現場で女性を技術者として登用しようとしている大阪製作所の
取り組みに少し驚かれているようだった。

でも誰よりも彼女の成長ぶりに驚いたのは、社長である私自身だった。

しっかりと自分の考えを物怖じしないで答えている姿を1年前に想像が出来ただろうか??

若者(男女問わず)に無限の可能性を感じた一瞬だった。

「技能の習得と伝承を通じ、社会に貢献する」を実現する町工場になりたいと強く思った。

2006年04月22日

【社長Blog】花も嵐も乗り越えて〜

58562224.jpg今日はお昼から従業員の慰安もかねて焼き肉パーテイーでした。

桜の花は残念ながら散ってしまってはいましたが

花も嵐も乗り越えて」の歌の様に(おじさんしか知らないか (^^;) )

みんなで頑張っていきたいモノだと思います。

昨年入社した新入社員には 「真新しい名刺」もプレゼントしました。




2006年04月21日

【社長Blog】3カ年中期経営計画について

昨日は、「販売計画がうまくいっていないので中期経営計画の見直しが必要だ」という事を
お話ししました。

今回の3カ年中期経営計画のポイントは下記と感じている。

・【 社内体制 】3年後の目標とする社内体制の文章化。
(point) リーダー、管理者とのベクトルを初めに合わせてからスタートする事が大切。

・【 販売計画 】3年後の事業化に向けて重点的に力を注ぐ。
(point)今までの技術の延長、3年後に実現できる2〜3点の開発に注力を注ぐこと。

・【 専門家の協力を仰ぐ 】正しい努力を行う為に専門家の意見を聞いていく
(point)経営、人事の専門家、特許戦略の専門家、ただし主体は私が管理すること
専門家に”頼る”と、迷ったときに判断が出来なくなる。間違っても自分が最終決断を
行うこと。





2006年04月20日

【社長Blog】経営計画がうまくいっていません・・・(^^;)

今、大阪製作所の大きな分岐点に来ていると感じています。

「技術力で社会に貢献」できる企業へと具体的に進んでいかねばなりません。

昨年までは、「経営革新法の認定」における3ヶ年計画に基づいて行動を
起こしてきました。

しかし、技術開発や製品の基礎研究は有る程度の実績は上げられましたが
販売に於いてはいずれもうまくいっていないように感じています。

来年2007年の初めからスタート、または2007年度からの新たな
3カ年の中期経営計画を立てて、特に「販売」に力を入れた経営計画を
立てていきたいと感じています。