2007年04月27日

電子ビーム加工で孔あけ

 鋳鋼品製造の大平洋特殊鋳造(東京・中央、静間茂昭社長)の直江津製造所(新潟県上越市)は、電子ビームで金属に穴開け加工する事業を強化する。07年の設備投資額は前年の約2倍の3億5000万円を予定。うち1億5000万円を穴開け加工機の機能向上に充てる。食品や薬品の製造ラインの部品用のほか、新たな納入先を開拓する。穴開け加工分野で年間6億円の売上高を今後10年間で3倍にしたい考えだ。

 直江津製造所は電子ビームの熱でステンレスやチタン、アルミニウムなどの金属板を溶かし、穴を開ける技術を持つ。直径0.1―1ミリメートルの穴を1秒間に4000個開けることができる。ドリルなどを使う手法に比べ、効率が30―40倍に高まる。

 2台ある機械のうち1台が更新期を迎えるのを機に、バリ取り機能や開けられる穴の形状の精度を高める。並行して直径0.04―0.05ミリメートルの微小の穴を開ける技術にめどを付ける。


→ すごい早さです

r_goto1222 at 19:03│TrackBack(0)

トラックバックURL