2011年10月13日

大きな事故につながらずほっとしました。

13日午前0時すぎ、大阪・東大阪市の近鉄奈良線で、乗用車が線路に入り込み、回送電車とすれ違いながら最寄りの駅までおよそ1キロを走るトラブルがあったそうです。

警察によりますと、乗用車を運転していた82歳の男性は「踏切で脱輪して立往生しているうちに遮断機が下りたので線路を走った」と話しているということです。

遮断機が下りて、パニクって線路側に走ってしまったらしいのですが、怖〜いですね

大きな事故につながらずほっとしました。



r_goto1222 at 10:21