2012年03月09日

日本の製造業の一角がまた崩れていきました

先日、エルピーダの倒産が新聞に大きく取り上げられていました。

製造業では戦後最大の倒産で負債額は4260億円だそうです。

パソコンの需要が頭打ちで、携帯電話やスマートフォンがパソコンの代役になり

つつ有る昨今です。

DRAM(Dynamic Random Access Memory)はパソコンや携帯のメモリ

ーとして安価で最適ですが、そのパソコン市場が大きく伸びない事と、DRAM

自体の微細化による成長が限界に近づきつつある事が原因の一つでしょう。

それと円高が大きな要因ですね。

日本の製造業の一角がまた崩れていきました、寂しいな〜(T_T)



r_goto1222 at 10:45